手術しなければいけない真正の症状とは

日本人の包茎率は真正、仮性合わせておよそ70パーセントと言われております。
そのため、多くの方が気にしませんが、程度の酷い方の場合には、早めに処置をしなければいけません。
といいますのも、包茎は放置しておくと色々な不具合が生じてしまうからです。
みなさんが最初に思うのは見た目のデメリットだと思います。
しかし、この見た目のデメリットに関しては、銭湯であったりスポーツジムなどで裸になったり、彼女との性行為をしないというならば問題ありません。

しかし、健康面でのデメリットはそうはいきません。
亀頭に包皮がかぶったままでいると、雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。
そのため、繁殖した雑菌によって尿道炎や包皮炎、亀頭炎などの炎症を起こすリスクが高くなってしまいます。
また、こういった雑菌は、性行為をした相手にも影響を与えてしまい、女性器や女性器周辺に炎症を起こしたしまうリスクが高くなってしまいます。

こういったリスクを減らすためには、やはりしっかりとしたクリニックで包茎手術を行う必要があります。
手術自体は色々なクリニックで行っているのですが、やはり信頼と実績のある上野クリニックのようなクリニックで手術するのが一番です。