育毛の大きな障害はやはり遺伝の要素が大きいようです

昔から「禿げ」は遺伝すると言われています。この説は本当なのでしょうか?実はこの遺伝説は医学関係者からも全否定はされていないんです。とは言え、これは脱毛症自体が遺伝されるわけではなく、脱毛しやすい体質が遺伝されてしまうだけなのです。育毛に必要な正しい知識はここで参照できます。男性型脱毛症の最も大きな原因とされている強力な脱毛ホルモンのDHT(デヒドロテストステロン)は、頭皮の皮脂腺を強く刺激する特徴があり、その時に分泌された皮脂が毛穴の中で古い角質などと混ざりあって毛穴をふさいでしまい育毛の大きな障害となってしまうのです。このDHTの生成成分である還元酵素のリラクターゼがもともと多いか、活発に活動する体質を遺伝で受け継いでしまった方が、男性型脱毛症になりやすいといえるのです。こんな育毛情報を詳しく知りたいなら、是非このサイトからご覧になってみて下さい!